本文へスキップ

生きることを支える医療・看護・介護 ー 健康的で明るい地域社会への貢献






介護サービスをご利用されるときには「ケアプラン(居宅介護サービス計画)」の作成が必要です。ケアマネジャーが地域包括支援センターなどと連携し、介護保険の申請代行や、お客様のご要望や健康状態・生活環境に沿ったケアプランをご提案します。
また定期的な訪問(モニタリング)を行い、ご利用者様の症状や環境の変化に応じたサービス内容の調整も行います。



介護サービスをご利用いただくためには、お住まいの市町村に「要支援・要介護」認定」の申請が必要です。
制度のご説明や書類の作成などのサポートを行わせて頂きます。

ケアマネジャーがご自宅を訪問し、ご本人様・ご家族の状況・療養環境の確認やお困りのことなどをお伺いします。



アセスメントの内容をもとに、ご利用者様の自立支援に向けた目標を設定し、ケアプラン(居宅介護サービス計画書)を作成します。
ケアプランの内容に同意いただきましたら、ご契約いただきます。

ケアプランに沿った介護サービスが開始されます。



サービス開始後も、ケアマネジャーが月に1回以上は、ご利用者様の自宅を訪問し、健康状態の変化やご要望、お困りごとなどをお伺いします。
ご本人様・ご家族様のご希望に沿ったサービスを(継続的、包括的に)利用できるようにサポートします。