本文へスキップ

内科・外科・胃腸科・肛門科・神経内科・リハビリテーション科・呼吸器科




園田病院は昭和31年に現在地に創設されました。
当時は国民の保健状況を反映し結核病床を有する木造の病院でしたが、昭和55年前院長赤松英男により現在の病院が建てられました。その間診療科の変遷がありましたが、創設以来一貫して園田地区の基幹病院として地域医療に従事して参りました。

本院の運営理念にも述べていますように、地域住民の皆様のニーズに応え、医療サービスの向上に努めると共に、地域の診療所との連携のもとに、地域に開放された病院であることを最重要課題と考えています。また、生活習慣病である高血圧や糖尿病に対しても積極的にとり組んでおり、外来における食事栄養指導、訪問看護ステーションとの連携によるきめ細やかな在宅医療管理を実施し、患者様の病状改善に努めています。
一方、療養病床に求められている重要な機能である亜急性期ならびに慢性期患者も地域の急性期病院と緊密に連携し積極的に受け入れています。

昨今の医療を取り巻く環境は急速に変化しておりもはや病院は患者様や地域社会から選ばれる時代になったことは周知の事実だと思います。
加えて日々進歩する医療の世界において、改革の努力をおこたらず進化しない組織は遅かれ早かれ淘汰されることは確実です。このような厳しい環境のなかで生き残って行くには質の向上が不可欠であることを再度、認識しておく必要があると考えます。

病院の質を向上には組織のシステムの質の向上を第一に考えなくてはなりませんが、同時にそこで働く一人一人のスタッフの質の向上なくしてはなし得ないと考えます。
私の出身教室である大阪大学第一外科(現在の機能制御外科)のモットーは熱意、誠意そして創意をもった医療を実践していくことでした。この精神は医療を行う人間にとっては普遍的なものと思われ、我々の病院の基本的理念として皆様に提示しています。

【院長略歴】
■ 昭和51年 3月 大阪大学医学部卒業
■ 昭和51年 7月 大阪大学医学部第一外科入局
■ 昭和62年 5月 学位取得(医学博士)
■ 平成2年 2月 大阪労災病院外科副部長
■ 平成8年 4月 国立呉病院外科医長
■ 平成11年 5月 医療法人旭会 園田病院院長に就任
●外科学会指導医
●消化器病学会認定医
●消化器外科学会認定医
●乳癌学会認定医